FC2ブログ

みちくさ。

みちくさ美容室のいろいろ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
メイク崩れ対策はこれでOK!
こんにちは、みちくさ美容室の石川です。

毎日とっても暑い日が続いていますね
今回は夏のメイク崩れのお話です。

夏になるとオイリータイプの肌の方はもちろん
乾燥肌の方も“メイク崩れ”で頭を悩ませてしまいますよね。
しかし、残念ながらメイク崩れを絶対に防ぐことはできません。

メイクは、したら崩れるもの。
ですが、あまりにも早く崩れてしまう方は
そもそもメイクの方法が間違っているせいかもしれません。

メイク崩れを起こしやすい間違ったメイク方法

『朝からファンデーション厚めのしっかりメイクをしている』
メイクをばっちりすればするほどメイク崩れは起きます
そして、塗り方にムラがあると崩れやすいです。

化粧下地もファンデーションもフェイスパウダーも
できるだけ“薄く”を心がけましょう
そしてコンシーラーは部分的に使い、広げないようにしましょう。

クリームファンデーションの場合は
スポンジでトントンと叩くように仕上げ
スポンジに余分な油を吸収させるように使います。

そのあと、皮脂対策用のフェイスパウダーをすれば完璧です!

『冬用の化粧品を使い続けている』
乾燥肌だからといって夏場もしっかりモイストタイプを使っている方。
夏場は乾燥肌の方でも汗や皮脂が出ます。
すると、メイク崩れが起こりやすくなります。
「冬場と違ってくずれやすくなったな」と思ったら
ベースメイクを夏用に変えてみるといいと思います

冬用のしっとりしたタイプは油分が多すぎる可能性があります
メイクをキープするには
まず崩れにくい化粧品を選ぶことから始める事も大切です

商品名に“皮脂崩れ防止”と入っているものもあります
また、ウォータープルーフも
皮脂に強くメイク崩れを起こしにくいですよね

スキンケアの見直しもしてみましょう

 洗いすぎはメイク崩れの原因

例えば、朝からダブル洗顔をしているという方や
一日にあぶらとり紙を何枚も使うという方はいませんか?
実はこのような行動は
特に肌の内側が乾燥しているタイプの方にとって、注意が必要です

メイク崩れを起こしにくい肌は
『皮脂と汗のバランスがとれた肌がキープされること』が大切です。
洗顔はたっぷりの泡でやさしく汚れを落とすようにしましょう
ごしごし洗ってはいけません
朝は、メイク落としで洗顔するだけで十分です
思いきってあぶらとり紙の使用も控えましょう
スキンケアも、夏用のさっぱりタイプのものを使って
お手入れをすることが化粧もちするポイントです

うーん、しかし暑い…

※8月から火曜日の他に、第1,第3月曜日をお休みとさせていただきます
どうぞ、よろしくお願いいたします。
2012/08/05(日) 15:13:47 | みちくさのお仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。