みちくさ。

みちくさ美容室のいろいろ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
春の定番ピンクを使いこなそう
こんにちは、みちくさ美容室の石川です。
アイメイクは薄盛りが旬な春のメイクトレンド。今年の主役はチークになりそうです。
でも、チークって意外と何となく済ませてしまっていませんか?
今回は特に、ピンクのチークの使い方のお話をさせていただきます。

 ■定番のピーチピンク
少しオレンジがかったやわらかいピーチピンクは、肌色を選ばず使える万能カラー。
ピンクの可愛らしさとオレンジの親しみやすさがあります。
笑ったときに高くなるところを中心にふんわりと。
リップもチークと同じピーチでトーンを揃えるのがおすすめです。
全体の統一感が出て、チークの色みがより引き立ちます。

■ぽっと染まる上気ピンク
お風呂あがりのほんのり赤みを帯びたような、ちょっぴりセクシーなピンク。
クリアで透明度の高い赤みのピンクが血色感をアップさせてくれます。
ポイントはあまり広範囲に入れないこと。
ブラシの幅より広げずにそのままサイドに滑らせます。
合わせるリップも、クリアでほんのり赤みが透けるようなシアーなものを選べば、ドキッとするような潤み感がでますよ。

■濃リップに合わせたいベージュピンク
トレンドの高発色リップを主役にするときは、チークは控えめなバランスがいいと思います。
丸く入れるとチークが強調されるので、磨くように自然にサイドまで滑らせます。
そうすることで小顔効果も期待できます。
シャープに入れすぎると強さが強調されるので、ふんわりやわらかくがリップをオシャレに見せるコツです。

■白肌に見せる青みピンク
青みピンクは似合わないと敬遠されがちですが、肌の透明度をアップさせてくれる白肌効果抜群。
大人の女性にこそ使ってもらいたいカラーです。
頬骨の高いところから逆三角形にぼかせば、上品な印象に。
リップは肌になじむベージュピンクでバランスをとりましょう。

いつもなんとなくピンクを乗せて済ませてしまっている方
なりたいイメージに合わせて、目的を持ったメイクにチャレンジしてみましょう!



2013/03/09(土) 09:54:32 | みちくさのお仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。